HOME > CREATORS > allylgu

顧夢

allylgu ─ Photographer

これらの写真は2016年8月中国のチベットを旅した時に撮った写真である。今年の四月、ラサにあった老光明という古い喫茶店が取り壊されたことを友達から聞いた。老光明は多くの人にとって、ラサのシンボルみたいなところだった(ポートフォリオ「後記」より冒頭のみ引用)
この新型コロナの時期、チベットで撮影した写真で作ったこの作品を顧みたら、またスピードと時間についてのいろんな考えが引き出されました。

Creator's profile

creator-profile-icon-tokui.png
creator-profile-icon-inspireshon.png
creator-profile-icon-jisseki.png
creator-profile-icon-gakureki.png
SNS-icon-IG.png
SNS-icon-Home.png

Top 4 Featured works

Creator's Interview

制作の時の癖もしくは個人的なスタイルのこだわりなどありますか?

一概には言えません。制作といっても、色んなジャンルと違う階段があると思います。スタジオで撮影する際にはBGMをかけます。人を撮る場合は、撮影する前に相手の性格や趣味などを聞くことが好きです。

日常の中スナップショットを撮るときには、目の前の普通に見えるような風景に夢中になります。一人で散歩するときはよく感嘆しながら、写真を撮っています。

コロナに直面している現在の過ごし方

ほぼ在宅です。新型コロナを契機として、現代的感覚と新しい写真のあり方を考え、それに基づいて新作を構想しています。これからは制作だけではなく、理論的な研究にも努めます。

外に出られるようになったら、一番したいことや行きたい場所とその理由

イタリアに行きたいです。このような危機の中でも、ユーモアと生活への愛を失っていない民族がとても素晴らしいと思います。

現在、一番作りたいものや作品は?

新作を構想していますが、最近の創作欲はあまり強くはありません。だから、今一番作りたいものや作品はありません。新型コロナのためにいろんなことができなくなりました。六月開催する予定した個展も中止となりました。でも、落ち込んでいません。この時期を契機として、一回制作を休んで、今までの作品や考えなどをゆっくり整理してもいいではないかと思いました。科学と自然、人間の同士の関係性について色々考えています。文化の発展で、真に強くなっているのはいったいなんなのか、その強くなったものはそうなる必要が本当にあるのか、などと考えています。

どのようなクリエーターや業界の方とコラボしたいですか?

音楽、彫刻、建築関係に勤められている方とコラボしたいです。

HOME > CREATORS > allylgu

連携クリエイター

©2020 Uhand,INC.

東京都中央区銀座7丁目13番6号

会社概要

Business Partners

20181115195924.png